地域自主防災組織の設立について

 これまで栗原自治会では防災講習会・救急救命講習会や久喜市防災訓練への参加を通し地域防災について検討して参りました。幸いなことにこの地域では大きな災害を体験していませんが、各地の地震災害等を目の当たりにして地域防災体制への関心が高まりつつあります。また昨年度の防災講習会では久喜市が進める「自主防災組織」について学習し、行政と連携した防災組織の必要性を新たにしました。もちろん組織があるだけでは十分ではありません。いざという時きちんと機能するためには私たち一人一人が自覚的に行動し役割を担うための知識や訓練が必要になります。以下の要領で「自主防災組織」の設立を提案したいと思います。

1 自主防災組織は栗原地区自治会として設立する。
2 組織は自治会役員会をもって当てるが、必要な人材も適宜確保する。
3 今年度の事業は、防災訓練(又は防災講習会)の実施、防災倉庫の設置を重点とする。
4 防災組織の概要

1)組織

会長(自治会長)  副会長(自治会副会長・事務局長)  運営委員(自治会幹事、他) ・ 自治会役員が兼務し、自治会幹事の他に諸団体(消防団、婦人会、みずほの会、民生委員、医師等専門家)の協力を求め運営する。 ・ 自治会員をもって組織構成をするが、地区内非会員についても同様の支援をする。

2)事業

・防災に関する意識の啓発及び知識の普及 ・災害発生時の情報収集・伝達、避難誘導、初期消火、救出・救護及び給食・給水等の応急対策 ・防災訓練及び防災教室等の開催 ・ 防災資機材等の備蓄・保管

3) 防災計画の作成

・ 防災組織の編成と任務分担等 ・ 防災訓練の実施

4) 経費>

・ 久喜市自主防災組織補助金及び栗原自治会助成金
栗原地区自治会 | HOME > TOP