栗 原 地 区 自 治 会 会 則


第 1 章 総 則

第1条(名称)
    この会は栗原地区自治会(以下「会」という)と称する。
第2条(事務所)
    この会の事務所は、栗原地区自治会内に置く。
第3条(目的)
    この会は、栗原地区住民相互の協力と自主的、民主的な運営によって、住民の権利と共通の利益を守り、栗原の文化的発展を促進し住みよい生活環境を作ることを目的とする。
第4条(活動)
    この会は第3条の目的を果たすために、次の活動を行う。
    (1) 栗原地区の生活環境の維持と改善
    (2) 栗原地区住民の福利厚生
    (3) 会員の親睦を図り、文化的生活向上を促すための各種催しの開催
    (4) 栗原地区住民のサークル・グループ活動の育成と推進
    (5) 会報の発行を中心とした広報活動
    (6)栗原自主防災組織の設置・運営
    (7) 市当局及び他の関係機関に対する渉外
    (8) 他の町内会、自治会及びそれらの連合組織との協力
    (9) その他、この会の目的にかなう事項
第5条(活動原則)
    この会は、次の原則に基づいて活動する。
    (1)個人の生活を尊重する。
    (2)会の中立性を保持し、特定の政治、宗教、営利団体、特定の個人に左右されない。
    (3)この会の目的に賛同する関係諸団体と積極的に協力する。
第6条(個人情報保護の取扱い)
    会が自治会活動を推進するため必要とする個人情報の取得、利用、提供及び管理については、別に細則を定め、適正に運用するものとする。(平19.4.22追加)

第 2 章 会 員

第7条(会員)
    栗原地区に居住する世帯は、会員とする。
    (1)1世帯を1会員とする(居住を伴わない商店、工場、事務所等の法人も1会員とする)。
    (2)会員は人種、宗教、性別、門地、身分、年齢、及び思想、信条によって差別されない。
第8条(入、脱会の手続き
    栗原地区に居住する世帯は、班長を通じ自治会入会申込書及び脱会届を幹事に提出する。
第9条(会員の権利)
    会員は、次の権利を有する。
    (1)この会が取得した一切の権利と利益を平等に享受する権利
    (2)この会のすべての会議に出席し、その会議の承認を得て、意見を述べ る権利
    (3)三役の選挙と被選挙権
    (4)機関構成員の解任を請求する権利
    (5)この会の会議録及び会計帳簿の閲覧と会計監査を請求する権利
第10条(会員の義務)
    会員は、次の義務を負う。
    (1)この会則を守り、この会の運営に参加する。
    (2)所定の会費を納める。

第 3 章 組 織 及 び 運 営

第11条(機関の種類)
    この会は、次の機関を置く。
    (1)総 会  (2)班長委員会 (3)幹事会 (4)事務局  (5) 専門部
    (6) 会計監査  (7) 選挙管理委員会

第1節 総 会

第12条(総会)
    総会は、この会の最高の議決機関である。
第13条(総会の構成及び招集)
    総会は、会員により構成され、会長がこれを招集する。(平7.4.23変更)
第14条(代議員) 削除(平7.4.23)
第15条(総会の種類)
    総会は、定期総会及び臨時総会とする。
第16条(総会の開催)
    1.定期総会は、毎年4月に開催する。(平6.3.27変更)
    2.臨時総会は、次の場合に招集する。
     (1) 会員の4分の1以上の請求があったとき
     (2) 班長委員会で決議したとき (3) 幹事会が必要と認めたとき
第17条(総会の招集要件)
    総会を招集するにあたっては、会員に予め議案を通知しなければならない。
第18条(総会の討議事項
    次の事項は、必ず総会に付議しなければならない。
     (1)会務報告及び決算の承認
     (2)役員の事後承認(活動報告)
     (3)活動方針の決定
     (4)会費の改定及び必要経費不足分の臨時徴収
     (5)予算の決定
      (6)班長委員会が総会に付議する必要があると認めた事項
     (7)会則の制定及び改廃
     (8)その他、総会が付議することを承認した事項
第19条(総会の成立)
    総会は、委任状を含む会員の過半数を以って成立する。(平7.4.23、平8.4.21変更)
第20条(総会の議決)
    総会の議決は、出席会員の過半数を以って成立する。但し、会則改定には出席した会員の過半数をもってこれを決する。可否同数の場合は、議長がこれを裁決する。
   (平7.4.23、平8.4.21変更)
第21条(総会の議長、副議長)
    総会の議長、副議長はその都度総会において選出する。

第2節 班長委員会

第22条(班長委員会)
    班長委員会は、総会に次ぐ議決機関である。
第23条(班長委員会の構成及び招集)
    班長委員会は、各丁目の班の班長で班長委員会を構成する。
     1.班長委員会は、会長がこれを招集する。
第24条(班長)
    班長は、会員の代表として班長委員会に出席し、会員の意志を本会に反映
   させると共に、総会及び班長委員会の議決、幹事会の決定事項及び本会の通常業務の実施にあたる。
    1.班長の任期は、年度始めから1ケ年とする。
    2.班長は、原則として持ち回り(輪番)制とするが、構成員の協議により選出されることを妨げない。
第25条(班長委員会の開催)
    班長委員会は、次の各号に該当する場合に会長がこれを招集しなければならない。         (1)定期班長委員会(2ケ月に1回)
    (2)幹事会が必要と認めたとき、及び班長の4分の1以上の要求があったとき
第26条(班長委員会の討議事項)
    次の各号に掲げる事項は、班長委員会に付議しなければならない。
    (1)各種規定及び細則の制定、改廃
    (2)班長委員会が付議することを承認した事項
    (3)その他、幹事会において必要と認めた事項
第27条(班長委員会の成立)
    班長委員会は、班長の過半数の出席をもって成立する。班長委員会の議決は、出席した班長の過半数をもってこれを決する。

第3節 幹事会

第28条(幹事会)
    幹事会は、この会の執行機関であって、会の業務を執行し、総会及び班長委員会に対し責任を負う。
第29条(幹事会の構成及び招集)
    幹事会は、会長、副会長、事務局長及び第42条に基づき選出された幹事をもって構成し、会長が必要と認めたとき、及び構成員の3分の1以上の要 求があったとき、会長がこれを招集する。
第30条(幹事会の権限と責任)
    幹事会は、次の権限と責任を有する。
    (1)総会及び班長委員会の決定に基づく会務に執行
    (2)総会の会務及び決算の報告
    (3)総会及び班長委員会への議案提出
    (4)総会及び班長委員会の開催決定
    (5)その他必要事項の討議と執行
第31条(幹事会の成立と議事)
     幹事会は、構成員に2分の1以上の出席をもって成立し、その議決は出席幹事の3分の2をもって成立する。
   (1)幹事会の議長は、会長がこれを行う。

第4節 事務局

第32条(事務局)
    幹事会の任務遂行のための実務機関として事務局を設け、事務局長がこれを統括する。
     (1)事務局に関する規定は、第33条に定める。
第33条(事務局の構成)
    事務局は、事務局長、事務局次長、総務部、経理部をもって構成し、総務部、経理部のそれ   ぞれに部長を置く。また、事務局は選任の事務局員を置くことができる。
第34条(事務局の任務)
    事務局は、次の任にあたる。
     (1)会員の窓口及び折衝活動
     (2)会員、専門部及び各機関の連絡調整
     (3)会計事務及びその管理
     (4)その他の事務処理及び調査活動

第5節 専門部

第35条(専門部)
    幹事会は、会の業務遂行のために次の専門部を設ける。
     (1)広報部
     (2)渉外部
     (3)交通防犯部
     (4)文化スポーツ部
     (5)福利厚生
     (6)婦人児童部
     (7)その他、必要と認めた場合、問題に応じて設置する臨時対策部

第6節 会計監査
第36条(定数選出)

    会計監査員は、定数2名とし、総会において選出され、次期総会までを任期とする。
第37条(監査事務報告)
    会計監査は、会の収入、支出その他の会計事務を監査し、この結果を総会に報告する。
第38条(特別監査)
    会計監査が必要と認めたとき、または会員の3分の1以上の請求があったときは、特別監査を実施する。
第39条(監査委員の権限)
    会計監査員は、幹事会、事務局及び専門部に必要とするすべての書類の提出を求めることができる。また、必要と認めたとき、幹事会及び班長委員会で意見を述べることができる。

第7節 選挙管理委員会

第40条

   選挙管理委員は、定期総会において 4名を選出し、その任期は2年としその他は別に定める細則による。
(平20.4.27変更。平21年度より適用)

第 4 章 役 員

第41条(役員)
    この会は、次の役員をおく。但し、選任の事務局次長をおかないときは、総務部長がこれを兼務する。また、幹事会で必要と認めた場合には、顧問を置くことができる。(平7.4.23変更)
     (1)会 長 1名
     (2)副 会 長 4名
     (3)事務局長 1名
     (4)事務局次長 1名
     (5)幹 事 若干名
     (6)会計監査員 2名
第42条(役員の任務)
    役員の任務は、次のとおりとする。
     (1)会長は、この会を代表し、すべての業務を統括する。
     (2)副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、その業務を代行する。
     (3)副会長は、それぞれ専門部の統括及び渉外の役務を代行する。
      (4)事務局長は、事務局を統括する。
      (5) 事務局次長は、事務局長を補佐し、事務局長に事故あるときは、その業務を代行する。
      (6)幹事は、この会の業務を処理すると共に総務部、広報部、経理部、渉外部、交通防犯部、文化スポーツ部、福利厚生部、婦人児童部の部長を任務する。
      (7)会計監査員の任務は、第36条による。尚、三役及び幹事を兼務しない。
      (8)役員の任務を遂行するにあたり、幹事会役員相互の慣行または内規を規定する必要があるときは、幹事会で「役員マニュアル」を定めることができる。
第43条(役員の選出)
    役員の選出は、次のとおりとする。
    (1)会長、副会長、事務局長は、会員の直接選挙によって選出する。
    (2)幹事は、班長委員会で班長及び会員の中から選出する。
    (3)班長委員会で幹事の選出が定足数に満たなかった場合は、班長委員会の承認を得て幹事会が責任をもって、補充しなければならない。
    (4)会計監査員の選出は、第35条による。
    (5)役員選出に関する細則は、別に定める。
    (6)幹事は、班長または区長を兼務することができる。但し、その両者を重複して兼務することはできない。
第44条(役員の任期)
    役員の任期は、4月1日から翌々年の3月31日までの2年間とする。但し、再任を妨げない。    (平19.4.22変更)

第 5 章 会 計

第45条(収入)
    この会の経費は、会費及び寄付金その他の収入をもって賄う。
第46条(会費)
    この会の会費は、月額350円とし、2ケ月を単位として前納する。(平14.4.21変更)
第47条(会計年度)
    この会の会計年度は、当年4月1日より翌年3月31日までとする。
第48条(細則)
    この会の会計処理に必要な会計細則は、別に定めることができる。

第 6 章  区 長 の 選 出

第49条(区長の選出)
    会の地域内における区長の任期満了等にともなう次期の区長の選出は、会において行う。     選出にかかわる事務は、そのときの幹事会がこれを行う。この事務の具体的な取扱は別途定める。(平7.4.23追加)
第50条(規程及び細則の制定)
    この会の運営に必要な規程及び細則は別に定めることができる。
付   則
    この会則は、平成 4年4月12日から施行する。
        平成6年3月27日 一部改正
       平成7年4月23日 一部改正
       平成8年4月21日 一部改正
       平成14年4月21日 一部改正
       平成18年4月23日 一部改正
       平成19年4月22日 一部改正 

栗原地区自治会 | HOME > TOP